日本の最先端の変革者たちが語る 医療×ITの未来展望

常勤で働く傍ら、収入アップをめざす、スキルを高める、時間を有効活用するなどの目的で非常勤勤務をする医師は多い。非常勤勤務には、決まった曜日、時間に定期的に勤務する「定期非常勤」と、特定の日だけ臨時で勤務する「スポット非常勤」があるが、目的によって適した勤務先や働き方は変わってくる。相場や求人状況など、最近の非常勤の動向はどうなっているのか、どのようなスタンスで施設や働き方を選ぶべきか。専門家に話を聞いた。

  • 全体トレンド

非常勤医の募集は1月~2月がピーク。内科医を筆頭に訪問診療のニーズも高い

キャリアアドバイザー
田口 真奈美
東日本エリア担当。医療機関と医師の出会い、ベストマッチを支援する。

田口 真奈美 図

キャリアアドバイザー
山本 亮介
「医師と医療機関の架け橋になり、双方の満足を実現する」が信条。

山本 亮介 図

時期早めに行動2月中の決定を目指す

非常勤医の勤務開始時期として多いのは、人事異動などを経て病院が新体制になる4月。それに先立ち、毎年1月から求人が増え始める傾向にある。早い施設では、12月から募集を始める例もあるという。

リクルートメディカルキャリアでキャリアアドバイザー(CA)を務める田口真奈美氏は、非常勤勤務の仕事を考える医師にこう助言する。

「どうしても譲れない条件があり、時間的に急ぐ必要はないというケースではじっくり求人を探すという選択肢もあります。しかし、そうでない場合は、早々に情報収集にとりかかるなど、すぐに行動するのが望ましいといえます。人気の求人はすぐに決まってしまいますので、まずはご自身の希望を整理して条件に合う施設を絞り込み。面接に行くなどの手順を経て、2月中の決定を目標にされるといいと思います」

相場時給1万円が相場訪問診療などが高め

報酬の相場は科目によっても異なるが、「全国的に時給1万円で、地域によっては時給8000円〜1万円の場合もあります」(田口氏)

CAの山本亮介氏は、「専門性が求められ、医師が不足している整形外科、泌尿器科、婦人科の医師では、時給1万~15000円など、報酬は相場より高め」と話す。耳鼻科や眼科のクリニックでは12000円、内視鏡検査医も半日(3~4時間)で4~5万円と高めだ。麻酔科医も報酬が高く、日給10万円~12万円、指導医では15万円の例もある。

訪問診療も報酬は比較的高く、日額8万円~10万円が目安。「小規模なクリニックで看取りの件数が多い施設では、報酬がより高くなる傾向にあります」(田口氏)。また、医師一人で巡回する場合では日給が10万円など高めのことが多いが、「移動の際の車の運転なども自身で行うため、負担は小さくない」とのこと。理解したうえで選びたい。

一方、医師に人気が高い健康診断の仕事は報酬が平均より低めで、8000~1万円が相場という。

科目産業医は地方に需要あり訪診の求人も増加傾向

募集が多いのは一般内科で、全体の6~7割を占める。そのほか整形外科、消化器内科、人間ドック・健診、訪問診療など。

CAの山本氏は、「訪問診療は内科医が主体ではありますが、白内障や褥瘡、老人性うつ病など、多疾患の患者さんも多いため、月に1~2度の眼科、皮膚科、精神科の専門医による診察が必要な場合も。それに対応するために非常勤医へのニーズが高まっています」と解説する。

医師に人気が高いのは産業医、呼吸器・消化器科、美容皮膚科など。

「“常勤では日々、病気を治すことに注力している。非常勤では、症状をじっくり聞くなどカウンセリングのスキルを高め、領域を広げたい、経験を積みたい”。そんな想いから産業医を希望する医師が多くいらっしゃいます。“産業医の資格を保有しているから活かしたい”という医師も多いようです」(山本氏)

希望は多いものの、産業医はポストが空きにくく、求人は少ない状況。とはいえ、地方では医師が不足している例も散見されるという。50名以上の企業にストレスチェックが義務付けられたことで、産業医の必要性が高まったことも一因という。

地方では医師が確保できないため、全国展開する企業などでは、週1~2日のペースで全国を巡回する非常勤の募集もあるという。状況が許せば検討してみるのもいいだろう。

消化器外科では「内視鏡の実績を増やしたい」などの医師が比較的多いが、「循環器、呼吸器なども含め、専門外来は基本的に常勤が行うため求人が少なく、一般内科医として勤務し、症例があれば回してもらうのが現実的」(田口氏)だという。

美容系は、未経験で希望する医師が多いが、募集は多くない。

「どの科目でも非常勤医には即戦力が求められるのが普通」(山本氏)ということも念頭におきたい。ただし、おもに居宅分野で医師が不足している訪問診療では、「バルーン交換、胃瘻交換、気管切開などができれば、訪問診療の経験がなくても可、とする施設もある」(田口氏)という。

働き方目的の1位は収入アップ育メン医師も増加傾向

非常勤で働く理由として最も多いのは収入アップのため。次いでスキルや知見を高める、時間を有効活用する、といった理由が挙がる。「初期研修が修了して非常勤勤務が解禁となるタイミングでは、“収入を増やしたい”“ほかの施設もみてみたい”という希望の医師が多いですね」と、田口氏。

30代前半では、スキルアップしたい、専門医を取るために役立てたいという医師が多い。さらに30代後半以降では、資格維持に必要な症例を確保するために非常勤勤務を、という働き方も増えてくる。

そして山本氏は「最近、30代半ば~40代前半の男性医師で、働き方を大幅に変える“育メン”が増えてきました」と話す。妻が会社員などの場合、

「医師である自分が働き方を調整した方が、妻のキャリアに影響が生じにくく、働き方もよりフレキシブルな対応ができる。可能な時期に常勤に戻る」という合理的な考えのもと、一定期間、非常勤のみの勤務をするのだ。

小学生の子どもが帰宅する頃に家にいるために、自宅の近くで時短の非常勤勤務にした医師や、非常勤なら、夏季休暇や年末年始にもまとまった休みがとりやすい、と話す医師も。収入への要望は高くはないが、医局勤務だった場合などケースによっては、非常勤勤務のみの方が収入が増えることもあるという。今後も増える働き方かもしれない。

一方、高齢の医師については、ますます意欲が高まっている様子がうかがえる。70代の老健施設長が土日も非常勤で働くことを検討する例、80代の精神科医が週1日ずつ3施設で非常勤医として働く例もある。

「老健施設、精神科など、経験が生きる科目であれば、キャリアを活かすことは可能です」(山本氏)

留意点キャリア形成を強く意識自身の強みを打ち出す

病院内 図

特別なスキルを持ち、社会から強く必要とされる医師。非常勤勤務も歓迎されることが多く、難しい条件がなければ勤務先もおおよそ、みつけることができる。とはいえ、貴重な時間を投じるのであれば、自身にとって価値が高い働き方にしたいもの。特に、長期的にみてその仕事がどう生きるか、次にどう繋がるかを意識して勤務先や内容を考えたい。

また「表立って募集をしていない施設でも、CAから働きかけることでニーズを掘り起こし、入職に結びつくことも少なくありません」と、田口氏。たとえばスキルアップを図りたいが募集がないというケースでは、スキルを積む機会を得る代わりにどんな貢献ができるかなどをCAと整理するといい。自身について情報を積極的に公開するとスムーズだ。

非常勤勤務(定期)の実態

半数以上が非常勤勤務で年収600万円超。勤続年数も長い。

定期非常勤の仕事をした理由で圧倒的に多いのは「収入を増やすため」。勤務先の選定でも報酬(給与)が重視されている。価格帯では、55%以上の医師は600万円を超えている。勤務日数は週1日、2日程度の割合が高い。非常勤先での勤続年数は5年を超えている医師が多く、勤務先から頼りにされている様子が伺える。紹介での入職も多いが、紹介会社を利用する施設も増加傾向にあるようだ。

勤務にあたり最も重視する項目は?
勤務にあたり最も重視する項目は? 図
非常勤勤務の年収は?
非常勤勤務の年収は? 図
勤務は週何日?
勤務は週何日? 図
非常勤先の勤続年数は?
非常勤先の勤続年数は? 図
定期非常勤の仕事をした理由は?(いくつでも)
定期非常勤の仕事をした理由は?(いくつでも) 図
入職経路は?
入職経路は? 図
勤務形態は?
勤務形態は? 図

出典:リクルートメディカルキャリア「2016年3月 医師に関する調査」
(web調査・全体回答数500人)

  • スポット非常勤のトレンド

訪問診療、当直、学会時期の外来から船医まで、ニーズは多様。スキルアップの機会も見つかる

MRT株式会社 代表取締役社長
馬場 稔正
1973年、福岡県出身。英国国立ウェールズ大学経営大学院修士課程修了(MBA)。東京大学医学部付属病院の医師による附属組織として始まった日本医療サービス株式会社を経て、有限会社メディカルリサーチアンドテクノロジー(現MRT株式会社)に参画し、取締役に就任。2010年、MRT株式会社代表取締役に就任。14年、東証マザーズ上場に導く。日本初、スマホで遠隔診療、健康相談に対応する「ポケットドクター」の提供でも話題を集めた。

馬場 稔正 図

MRT株式会社 取締役副社長・医師 メディカル・ヘルスケア本部長
小川 智也
1973年、三重県生まれ。2002年に 医師国家試験合格(救急科専門医・日本抗加齢医学会専門医)、英国国立ウェールズ大学経営大学院修士課程修了(MBA)。赤十字病院・救命救急センター・クリニックの勤務を経て、2011年 MRT株式会社取締役事業本部長、2015年 取締役副社長に就任。現在も訪問診療・救急外来と臨床の現場に立ちながら、医療現場の声とITを繋ぐ。

小川 智也 図

相場1万円で募集は増加傾向。すきま時間の有効活用を

スポット非常勤の状況について、この分野の医師紹介で案件数が日本最大級のMRT株式会社に聞いた。

まず、募集は前年比で1割程度の増加。スポットで募集の多い健診では、特に女性医師のニーズが高いそうだ。ストレスチェックの義務化で産業医も不足状態。精神科医、神経内科医の募集が多いほか、「求められるレベルが高くなっている」(代表取締役社長・馬場稔正氏)という。

訪問診療については、一時期よりは落ち着いてはいるものの、求人10%増程度で増加傾向は変わらず、地方にも更なるニーズがあるという。

報酬の相場は時給1万円程度。

科目で高めなのは、特殊健診で1・2万~2万円、婦人科で1・5~3万円など。整形外科や麻酔科はオペのスキル、救急は二次、三次まで受け入れるかどうかで、高めの募集があるという。

一番ニーズが高まる時期は学会シーズンで、特に年中無休のコンタクト外来などでは、時給が1・5万~1・6万円などにアップする。

一般に当直は高報酬で、寝当直で4万円程度、救急受け入れの多い施設では1回6万~10万円+インセンティブなど、だという。

一方、スポットならではの分野で最近増えてきたのは、音楽フェスなど夏の野外イベントや、テレビ番組の収録現場などの募集。熱中症やケガ処置のための内科医や整形外科医のニーズがあるという。

変わったところでは、往復の移動を含め20日間で200万円の*船医、離島で3カ月から6カ月限定勤務といった募集例もあるという。

スポット非常勤で働く際の注意点としては、やむを得ない場合を除き、キャンセルをしないこと。また「患者さんに対し、専門外だから、スポット非常勤だからといった発言は不信感を招きます。設備を把握してスムーズに診察する配慮も大切です」(取締役副社長・小川智也氏)

スポット非常勤勤務の意義について馬場氏は、「症例が積める、スキルが高まるなど、スポット非常勤は医師が成長する機会にもなります。健診を担当して普段の診察では接しない健康な人を診たことで、患者さんの不調に気づきやすくなった、などの声も聞かれます」と語る。また「未経験の分野へのチャレンジは医師不足を解消する効果も期待できるため、積極的に支援しています」とも。同社では未経験者に、必要によってビデオ講習や診察のレクチャーなど、個別指導も行っているという。

小川氏は「医師のすき間時間を活かすことで、困っている施設、患者さんを助けることができる。存分に力を発揮していただきたい」と話す。

スポット非常勤で働いた医師が評価され、施設からスカウトされ定期非常勤や常勤として採用されるというケースもあるという。出会いのチャンスという捉え方もできるだろう。

  • 目的別の選び方

非常勤勤務に求められるポイントを整理し注意点も把握しながら戦略的に選ぶ

INCOME収入アップ

医師不足の地域、当直など報酬の高さは貢献度による

収入を重視するなら、医師不足の地域を選ぶ、当直勤務する、業務内容を増やす、などがその方策となる。当直は患者数によって報酬が異なり、救急車2台とウォークインの患者2名で4~5万円、5台・10名で5~7万円など。これにインセンティブが付く施設も。在宅医療では、オンコール対応(クリニックや自宅で待機)で日給2~4万円、看取りで緊急の訪問をすると1万円付加などの例もある。業務内容を増やすとは、内科+健診、内科+消化器、麻酔科+ペイン外来など、専門を生かして広く対応できるかどうかだ。

「入職することで、患者が増えるなど施設に利益が生じれば、相応の報酬が得られるはずです。ご自身の力量、スキルがどう施設の利益に結び付くか整理し、面接で上手に売り込むことも重要です」(田口氏)

事例① 収入アップ

50代・男性・整形外科
非常勤先 >> 整形外科・月2回・12万円/日
医師不足の地域に勤務科目を再開させ高収入を実現

東京都内でクリニックを開業する傍ら、病院で非常勤勤務をしていたA医師。そこでの契約期間終了に伴い、月2回の勤務で、日給12万円を条件に勤務先を探した。

「相場より高めの報酬を希望されたため、医師不足から報酬が高い地方部での勤務をご提案しました」(担当CA)

候補に挙がったのは、山形県内の総合病院。医師不足により整形外科外来を閉じていたが、「開業医で経験も豊富なA医師なら、一人で外来を任せることができる。月2回でも外来を再開しよう、ということから採用が決まりました」(CA)。日給12万円という条件もクリア。双方が満足する非常勤勤務となっている。

SKILLスキルアップ

希望レベルをはっきりさせ選択肢を広げて考える

内視鏡の症例を積みたいといった場合、「1日10件」という希望では専門的に行っている施設が選択肢になり、候補が少ない。が、「内科医として入職し、症例があったときには優先的に回してもらう」というスタンスなら探しやすい。どの程度を望むかを具体的に考え、CAと現実的な路線に落とし込んでいきたい。

「求人が出ていない施設にも働きかけて求人を発掘し、入職に至る、という例もあります。求人が少ない科目などでも、可能性はゼロではありません」(田口氏)

事例② スキルアップ

30代・女性・糖尿病専門医
非常勤先 >> 内分泌・糖尿病専門医・週1回・1万円/時
専門分野の症例を増やし領域も広げた

30代のB医師は総合病院に勤務。糖尿病専門医として外来を担当しているものの、医師が多く、症例を積みにくいという悩みを抱えていた。そこで、常勤の仕事に加えて別の施設で非常勤として働くことを検討。自宅に近いところ、週1日(午前中のみ)を条件に施設を探した。

入職したのは、自宅の最寄り駅付近にある、糖尿病も扱う甲状腺専門のクリニック。クリニック側は糖尿病の専門医が非常勤勤務することで患者増加が見込めると判断。B医師に対し、「甲状腺についても一緒に勉強しましょう」という姿勢を示してくれたことで入職を決めた。糖尿病の症例も増えたほか、分野も広げることができた。

CHILDCARE育児と両立

時短勤務が可能で将来が拓ける施設を選ぶ

休職を経て週2~3日、午前中のみ勤務を希望する女性医師が多い。おもな選択肢はクリニックの外来だ。「先のことまで念頭にない方が多いですが、出産を機に退局した場合は特に、『時短勤務後どう働きたいか』も考えておくのが賢明です。それに基づいて時短勤務先も、将来の選択肢が広がるような施設を選べば、キャリアが拓けます」(田口氏) 

30歳女性の内科医で、出産後、老健施設で週2日の非常勤勤務をはじめた例があったそうだが、「時短が終わったら、同法人の外来に異動できる、というのが決め手になりました」と、田口氏。参考にしたい。

PLACTICE開業準備

開業の意志は確実に伝える秘密主義はトラブルを招く

開業をめざして、常勤以外の施設も経験したい、クリニックで経営を学びたいという場合、開業を考えていることを明確に伝えたうえで施設を探すことを徹底したい。意志を伝えないまま入職し、あとで発覚すると、退職に追い込まれることもある。いずれ辞めることがわかっている、競合になる可能性もある、患者が流出する恐れがあるなど、施設側はさまざまなリスクを感じるからだ。

競合しないことが明らかなら受け入れる、短期間でも貢献してほしい、という施設もあるので、双方メリットがある形で働けるようにしたい。

事例③ 開業準備

30代・男性・内科医
非常勤先 >> 訪問診療・週2回・10万円/日
非常勤で訪問診療を経験クリニックの将来を拓く

群馬県の病院に内科医として勤務するC医師。父親が東京都内でクリニックを開業しており、いずれは引き継ごうと考えている。まだ急ぐ必要がないため、非常勤で健診の仕事を探していたが、CAから「開業医としての成功につながるような非常勤勤務をされてはどうか」と提案。父のクリニックでは訪問診療は行っていないが、患者が高齢化しており、今後ニーズが高まると考えられるため、訪問診療を手掛けるクリニックで経験を積むことにした。当初は週1日勤務を想定していたが、モチベーションが高まったことで、週2日勤務で入職。勤務先は群馬、実家は東京都内とエリアが異なるため、施設からも歓迎されている。

CHANGE転職準備

所かわれば環境も異なる非常勤勤務で状況を把握

将来的には転職も考えたいという場合は、常勤ではどんな働き方ができるかも調べてみるといい。まずは非常勤として入職して、働きやすそうなら常勤をめざすことのできる施設なら一石二鳥だ。介護などで、いずれは出身地に戻って働きたいという場合も、いきなり常勤転職する前に、まずは非常勤で、そのエリアの状況を把握するのも効果的だ。

「例えば一都三県では乳腺領域(乳房触診等)は乳腺外科専門医が診るのが一般的ですが、地方では乳腺外科医が少ないと、産婦人科医・婦人科医にも乳腺領域を診てもらうなど状況が異なり、一人の医師に求められる範囲が広くなることも多いです。現場をみることで環境の違いがつかめ業務範囲もわかりますから、非常勤医で現場感を得ることは大きな意味があります」(田口氏)

FREEフリー志向

施設や患者の支援に繋がる前向きな意識を持ちたい

フリー志向から、非常勤のみで働く医師も増えつつある。「施設によっては、非常勤医の入職によって閉じていた科目を再開できた、新しい科目を開設できた等の例もあり、一定の意味があります」(田口氏)

しかし、常勤医が確保できれば非常勤医は契約が打ち切られる可能性がある、社会保険料が全額自己負担になる、健康を損ねて働けなくなっても収入の保障がない、などのリスクがあることは念頭におきたい。

常勤の道も残すなら、非常勤を選んだ前向きな理由を持っていたい。

事例④ フリー志向

40代・男性・麻酔科医
非常勤先 >> 麻酔科医・週1回×2施設・12万円/日
しがらみを捨ててフリーに複数の施設で非常勤勤務

医局で麻酔科医として働いていたD医師だが、人間関係に疲れ、退局。「人事などには関心が持てず、上下関係を築くのも不得手。自分の仕事だけに集中できるよう、非常勤医として働きたい」と希望した。

麻酔医が不足気味であること、またD医師の経験が評価され、複数の施設で採用が決まった。専門医の資格を保持するためにも症例数が必要だが、複数の施設に勤務することでクリアしている。年収も医局時代より増えた。

常勤医が採用されれば契約終了のリスクもあるが、次の勤務先はすぐにみつかるという自信があるほか、収入が増えた分、貯蓄を増やすなどのリスクヘッジもしている。