会社情報

自衛隊那覇病院の病院情報 | 医師の求人・転職・募集ならドクターズキャリア

自衛隊那覇病院の詳細情報

  • 病院名:自衛隊那覇病院
  • 診療科目:内科、小児科、外科、整形外科、産婦人科、リハビリテーション科、歯科
  • 住所:沖縄県那覇市当間301
  • アクセス:

関連する求人情報:

  • 医師転職支援サービスにお申し込み(完全無料)
  • 医師アルバイト紹介サービスにお申し込み(完全無料)
キャリアアドバイザーの声~弊社サービスを利用された先生のメッセージ
30代女性・一般外科の先生の転職支援
キャリアアドバイザー

先生に安心してご利用頂くために、弊社の医師転職支援サービスではご希望条件をお聞きし、求人をご紹介します。面接前には事前の打ち合わせや、病院先の情報収集を行い、安心して面接を受けられるようしっかりサポートいたします。疑問や不明点は都度、専任のキャリアアドバイザーにお申し付け下さい。サービスへのご登録おまちしております。

30代女性・小児科の先生の転職支援
キャリアアドバイザー

育児をしながらの勤務ということで、託児施設完備、当直なしが条件だったS先生。ご希望のエリアでの病院は少なかったため、某病院と条件交渉を行い、2つの条件を満たす病院をご紹介することができました。場合によっては、条件が合わない病院でも調整・交渉することは可能です。まずは専任のキャリアアドバイザーにご相談してみてください。

九州/沖縄の医師・医療従事者のサポート体制について

福岡県では、県内の地域医療に情熱をもった学生を募り、そのうち2名に修学資金を貸与し、自治医科大学で修学してもらうシステムを40年近く続けています。また、へき地勤務の医師が働きやすい環境を作るため、へき地診療所の医療機器を整備したり、へき地に勤務する医師を対象とした研修会や症例検討会を積極的に開いたり、学会などにも参加しやすいように、適宜、代診医師派遣も行っています。

鹿児島県でも、医学生に医師修学資金を貸与する制度が設けられています。こちらも、一定期間,離島・へき地の公的医療機関に勤務すると、修学資金の返還が免除されるしくみになっています。また、ドクターヘリの導入や、ITの活用により、離島やへき地の急患搬送を円滑にする構想も進められています。

沖縄県では、離島などで周産期医療を担う医師の環境整備に力を入れています。例えば、産婦人科医の確保が困難な北部医療圏へ短期的に医師を派遣したり、県立の助産外来を整備したり、あるいは周産期の救急搬送に係る情報のインターネットでの集約化、総合周産期母子医療センターでの救急時対応保育器・人工呼吸器の整備などを進めています。

九州/沖縄の医療と取り組みについてもっと知りたい
九州/沖縄イメージ

非公開求人1万件以上。

医師転職専門の
キャリアアドバイザーが
施設との条件交渉を
代行します。

転職のご相談はこちら

株式会社リクルートメディカルキャリアは、お客様の個人情報を適切に管理し、目的に沿って正しく利用します。

サイトは個人情報保護のためSSL暗号化通信を採用しています。お客様からの情報送信は暗号により保護されています。



医師の求人・転職はリクルートドクターズキャリア


先頭へ戻る